CG トップ・ページへ


[ 過去の出演者一覧 ]  

[ 2000, 12th ]    [ 2001, 13th ]    [ 2002, 14th  ]    [ 2003, 15th  ] [ 2004, 16th  ] [ 2005, 17th  ] [ 2006, 18th  ] [ 2007, 19th  ] [ 2008, 20th  ] [ 2009, 21th  ] [ 2010, 22th  ] [ 2012, 24th  ]
★本年度の出演者発表  (4/1)
本年度は"COUNTRY GOLD II"となってから好評の構成を一部継承するとともに、日本にとっては”辛く悲しい日”となりました3.11の記憶を風化させず被災地の皆様方に『明日へ繋がる勇気と希望』を持って頂くためにも”Wellcome to the future ! East gonna rise again !”をサブ・テーマに掲げ【日本全国を元気にする為】に例年以上の意気込みでスタッフ一同、気合を入れて取り組みます!

これまでのメイン・テーマはそのままにチャーリーや米国のトップスター3名に加え、このサイトが縁でチャーリーと知り合った米国在住の日本人アーティストが自身のバンドを率いてこのビッグイベントに初参戦!日本では無名の『Japanese Dream』実現を目指す若きパイオニアの素晴らしいパフォーマンスがきっと全国のカントリーファンの心を掴み、勇気を与えてくれることでしょう。 

震災以来心配されています電力不足も、昨年より試験的に行いました”Co2削減”をテーマとした『自然にやさしい・フェスティバル』遂行を更にヴァージョンアップしまして、家庭から出るテンプラ油等の食用廃油を活用した音響・照明の電源供給や、ステージ上の楽器用電源も昨年同様に本県進出企業の協力・支援の下、太陽光発電にて供給予定です。

『地球に優しいフェスティバル』の遂行と例年以上の心に残る『カントリーゴールド』実現のために皆様方のご理解・ご賛同を心より願い申し上げます。
【 本年度の開催概要 】
10月16日(日曜日)/開場:AM9:00〜開演:12:00
OCTOBER 16, 2011
Gate Open 9:00 am / Start Noon / Closing 18:30
熊本県野外劇場 『アスペクタ』
"ASPECTA" Minami Aso,Kumamoto JAPAN
前売り券:\7000  8月初旬全国発売開始予定
当 日 券 :\8000
学生割引:\3000(当日のみ)※入場時に学生証の提示が必要です
※小学生以下:無料

◆全国のチケットピア、ローソン・チケット、有名プレイガイドにて発売予定 !!

当サイトでのNET注文も可。(発売開始日にTOPページにてご案内致します)
【 出演予定アーティストのご紹介 】
【Best Amateur Country Band】 
2 BANDS(Groups)

 日本のカントリーバンドの育成と全てのカントリーミュージックを愛するファンの皆様への感謝の印として、2008年度より始まりました『Country Gold Awards』を今年も開催致します。

毎年、この本選会の模様はNHKでも放映され、全国のカントリーミュージックに携わるアマチュア・ミュージシャン達に鮮烈な印象と希望の光を投げかけました。

あの”ビル・モンロー”や”エミルー・ハリス”が・・・あの”リッキース・キャッグス”や”ドワイト”、”ブラペ”・・・等々、数え切れないほどのスーパースター達が熱く演奏し素晴らしいパフォーマンスを残してくれた『アスペクタ』の同じステージに立って演奏することは、今や日本のカントリー・ミュージシャン達の最高のステータスであり目標となったことは間違いないでしょう。

その”憧れのステージ”で今年オープニング・アクトを飾るのは・・・・・アナタ、かも知れません!
※今年の出演バンドは当日会場にて発表いたします。


【ジャンクション87】
50年代のR&Rやオールド・カントリーのスタンダード等、いわゆる"Hoe-Down"ナンバーを得意とするアリゾナ在住の日本人「ビリー市田」率いるカントリー・トリオ。
リーダーの"Billy Ichida"は米国大学留学後アメリカに残り音楽活動を続け、ローカルシーンで活躍中。

40年に渡るギター・キャリアを引っさげ、ギターの"Bob Lewis"、ベースの"Jim Norman"と共に凱旋。
トラディショナルで元気なカントリーを聞かせてくれるでしょう。

[ OFFICIAL WEB SITE]
《》

【ビリー・イェーツ】

ミズーリ州出身、1987年ナッシュビルに来てからは積極的な音楽活動を展開!
ソングライターとしての能力に長け、1997年のセルフタイトル・アルバムをはじめ、2002年には自身のレーベルM.O.D.レコードを立ち上げてからのアルバム7枚の全てを作詞する才気溢れる注目のシンガー&ソングライター。

1993年、CMAアワードにおいて"Vocal Event of the Year"獲得!
カントリー・レジェンド"George Jones" をはじめ Gary Allan, Tracy Lawrence, George Strait, Sara Evans, Kenny Chesney 等多くのトップ・アーティストにも曲を提供している。
[ OFFICIAL WEB SITE]
*サイトにアクセスすると自動的に音楽が流れますのでご注意下さい!

【アンバー・ヘイズ】

8歳のには30分の自身のオリジナルSHOW『Amber & Friends』をこなしていたほどの生まれながらのエンターテイナー。
数々のミスコンでファイナリストに選ばれるルックスは折り紙付き!
ミュージカルやゴスペルのステージ経験で磨かれた歌声と表現力でカントリーゴールド・ファンの皆様を魅了することでしょう!

特に、男性陣は要・チェック!?です。
[ OFFICIAL WEB SITE]

【レイ・スコット】

2005年ワーナーよりアルバム"My Kind of Music"をメジャー・リリース。
この年、Billboard のカントリーミュージック部門でトップセールスを記録!

魅惑の低音で本格的ホンキートンクからダンサブルな曲まで聞かせるステージが楽しみです。

[ OFFICIAL WEB SITE]
《 おことわり 》  m( _ _ )m

※各アーティストの写真や動画、発売アルバム等の詳細は後日UP致します!


【チャーリー永谷&キャノンボール】

今年で音楽活動55周年を迎えた国内カントリー・ミュージック界の第一人者。

当会のホストバンドであり、自らの自伝出版やナッシュビル録音のリーダー・アルバム『My Name is Good Time Charlie』が好評で、国内外に多くのファンを持つ。

ライフワークである"カントリーゴールド"を通じて20年以上の長きに渡り民間レベルの日米交流と音楽を通じた世界平和の提唱に尽力した功績により、国内はもとより米国各州より多くの名誉市民の称号を与えられる。

今年は75歳という節目の誕生日に自身のお店『Good Time Charlie Open 35th Aniv.』と『キャノンボール』結成50周年を合わせた記念パーティーが熊本市内のホテルで開催され、約500名の列席者を集めて大盛況に終わった。

アメリカのカントリー、ブルーグラス界のトップ・アーティスト達の多くが最もリスペクトする日本人アーティストである。
中でも2003年に出演したBrad Paisley の"Wellcome to the future" PVに出演し「Good Time Charlie」や「Canonball」と共に全米での知名度が格段にUPしたことは記憶に新しい。


[ 前のページに戻る ]